m-0a.jpgm-0b.jpgm-1.jpgm-2.jpgm-3.jpgm-5.jpgm-6blog.jpg

2015年8月4日

新たに進行中の長野県松本市のプロジェクトの打ち合わせを行いました。

 

今回は計画中の物件の仕様や設計の手法考え方を約、1か月かけて、修正作業を行ってきました。

 

今まで集めてきた膨大なデータを元に適切な仕様選定、共同購入や設計を行う事で、お客様は多くのメリットを得る事が可能です。

今回のように、パートナー企業からの一つの疑問や、質問、お悩みから新しい考え方や物事は生まれてきます。

 

n-111

 

近いうちにリリース予定の新規事業の第一号として進むプロジェクトとなります。

 

 

ほっとエール導入をご検討の建設企業担当者様はお気軽に下記へお問合せください。
株式会社 サンライズ(Sunrise Architect Produce)建築事務所

高齢者リビングサポート 『ほっとエール』 事業運営本部 TEL 0287-65-1000 info@hotyell.com

2015年5月23日

徳島県三好市に於いて現場見学会及びセミナーが行われました。
当日は全国各地より多くの建設企業パートナー様にご参加いただきました。

 

桐のフローリングをふんだん使ったデイサービスや、エアコン無しで快適空間を実現する光冷暖システム、有料老人ホームに使用した足腰に優しいクッション性
フローリング等、どれも興味深い素材や設備を実際に触れて頂き、その良さを実感していただけたものと感じます。

 

各パートナー様からは、実際ほっとエールでスタートする自社の施設のイメージを膨らませたり、計画中の物件に取り入れたい等、様々なご意見を耳にすることができました。

 

図面の実際のイメージ、素材感を感じることができるこのような機会はお客様に提案する上でも営業、現場サイドからしても大変有意義な時間ではないかと感じます。

 

実際に今回、施設を提案中のお客様も同行して、一緒に施設を確認し、その雰囲気、空間のイメージをつかんで頂け、ほっとエールで施設計画を進めたいというお客様もおられ、積極的に現場見学会の「場」を利用してお客様にプレゼンをするという流れはとても興味深いものであると感じました。

 

また、参加したある経営者様は、現況で進んでいる計画プランの合理化や、余計な仕様をスリム化して、何とかコストを落としてお客様に喜んでいきたい等、限られた時間ではありましたが、様々なご意見を頂くことができました。
私どもでは今回のこのような機会を定期的に企画して行くとともに、お客様へのプレゼンテーションタイムの確保なども考えて行きたいと思います。

 

情報化社会も相まって、プレゼンはよくターゲットを決めなければ始まらないといいますが、営業、現場、設計、経営者、導入を考えるお客様と多くの目線や意識に対して広い視点でのプレゼン、情報交流の機会というのが、とても重要な役割を果たしていくのではと実感しました。デジタルコミュニケーションももちろん必要ではありますが、やはり目と目を見て話すアナログコミュニケーションの重要性は増すばかりであると感じます。

 

もちろん第一には魅力を感じて頂く空間、ほっとエールづくりが必須であるとは間違いありません。

 
導入頂いております企業様には引き続き同じ目線で、情報を共有していけるように、また、ご興味のある建設企業様にはぜひ一度実りあるセミナーにご参加頂ければと願います。

 

ご参加いただきました企業の皆様、貴重な時間を、ありがとうございました。

 


n-104n-103

ほっとエール導入をご検討の建設企業担当者様はお気軽に下記へお問合せください。
株式会社 サンライズ(Sunrise Architect Produce)建築事務所

高齢者リビング 『ほっとエール』 事業運営本部 TEL 0287-65-1000 info@hotyell.com

2015年5月15日

先日、徳島県内にて施工中のほっとエールの現場状況を確認しに伺いました。

現場の、常に良いものは取り入れてチャレンジして行く姿勢に引っ張られるように、ほっとエールも進化をしております。

 

今回の物件の見どころはデイサービスに桐のフローリング、さらにエアコンが無いのに快適空間を実現する光冷暖システムの採用です。

 

まずは桐のフローリングから。

情報化、工業化が進み、物に囲まれ、あらゆるものが既製品化された文化になじんでしまった私たちはその反動から本物で、天然の肌触り、暖かさを求めていると感じます。

桐は成長が速く、Co2吸収の面や、古くから家具やたんす等に使用されていました。

そんな桐の天然の断熱性や防虫、耐火性能、調湿効果等多くのメリットが注目を集めております。

今回の施設では、万能素材、桐材のフローリングをデイサービスにふんだんに使用しました。

桐材のほっとするような肌触りは多くの効果と共に利用者の心も温かく包んでくれそうです。

pic1

pic4

続いて光冷暖システムです。

こちらも最近大注目のシステムでエアコンを使わないのに空気もすうーっと気持ちいい!夏はひんやり、冬はぽかぽか。

地球にも優しい設備です。これからの暑い季節にはエアコンによる冷やしすぎ、乾燥も防ぎ、洞窟の中のような心地よい空間をかなえてくれます。

reidan

もちろん代名詞の2×4工法(設計、施工一貫サポート)は健在で、さらに時と共に様々な建材や設備を取り入れながら進化を遂げています。

その根本にあるのは、私たちのパートナー企業の円滑な情報交流であり、その歩みを止めない決断力と行動力である事は間違いありません。

 

5月20日には徳島県にて現地見学会も予定されております。是非この機会に日々学び、進化をとげる「ほっとエールシステム」にふれてみてはいかがでしょうか。

 

5月20日現場見学会を行います。詳しくはこちらからPDFをダウンロードしてください

 

ほっとエール導入をご検討の建設企業担当者様はお気軽に下記へお問合せください。
株式会社 サンライズ(Sunrise Architect Produce)建築事務所

高齢者リビング 『ほっとエール』 事業運営本部 TEL 0287-65-1000 info@hotyell.com